実録|ネットワークビジネス勧誘あるある

ネットワークビジネスの勧誘って、勉強になることもありますが、つっこみ所が満載なことも多いですよね。

数々の勧誘を受けてきた経験と失敗から、ネットワークビジネスの勧誘あるあるをまとめました。

今まで勧誘をうけて嫌な思いをした人には共感を、

勧誘をされたことがない人もこの記事を読むと勧誘アンテナが働き、レッドフラッグを事前に見分けられるようになるかもしれません。

こんな状況にピンときたら、それはMLMです。

久しぶりに連絡がきたら勧誘だったパターン

久しぶりに昔の友人・先輩・後輩から連絡がきたら何らかの勧誘だったパターン、高頻度すぎます。

久しぶりにご飯でもいこうと軽く誘われほいほい会いに行くと、取り巻きに囲われたり、よくわからない実験の見学をすることになります。

このパターンはネットワークビジネスの商品の良さをアピールしてくる勧誘方法が多く、

サプリ、栄養ドリンクなどの健康食品から、ケーキも焼ける便利な鍋だったり、水道水の危険性を排除してくれる浄水器など生活に関わるほぼ全てのものが宣材となります。

市販製品と比較して、泡立ちの良さだったり、流しやすさだったり、時にはリトマス紙を使った理科の実験なみに手の込んだものもあります。

普段なにげなく使っている洗剤や化粧品などがいかに身体に悪いものなのか、不安を煽る形で紹介されます。

こういった実験は自宅に招かれた際、鍋で焼かれたケーキと一緒に宣伝される事が多いです。

自宅以外でのカフェやレストランだと実験まではありませんが、腸をリセットしてくれる酵素ドリンクで宿便を出す方法など、健康・美容系で推してくる場合が多いです。

キラキラしたライフスタイル系

よく分からないけど誘われて行ったバーが、やたらとギラギラしている人で溢れていた、気づけば勧誘イベントだったパターンです。

バーだけではなく、BBQだったりボーリング大会だったり、様々なイベントを催し人を集めます。

この場合の宣材となるのは、彼らのキラキラしたライフスタイルです。

いい感じに小麦色の肌をし街中でリゾートワンピを着こなす綺麗なお姉さんや、

いい感じを通り越したツルツル焦げ茶色の肌に真っ白な歯、真っ白のハーフパンツ、裸足に革靴を履いた男性など、ステレオタイプなお金持ちっぽい人がたくさん参加しています。

彼らは年間3回以上は海外旅行に行ったり、一年のうち半年はハワイで過ごしたり、俗に言うFIREを実現した(実現した風かも)自慢話を惜しげもなく披露してくれます。

シュッとした細身のスーツを着た男子の取り巻きたちが惚れ惚れと話を聞き入り、「権利収入」「先行投資」「ユダヤ人」といったキーワードが合間合間に挟まれます。

勉強会と称した仮想通貨/FX取引・バイナリーオプション取引などの有料セミナーも開催されているようでした。

有料セミナーには実際参加していないので実態は分かりませんが、このイベントに誘ってくれた職場の同僚はバイナリーオプション取引で貯金のほとんどを溶かしていました。

すんごいギラギラしてる

MLMの温床マッチングアプリ

これは絶賛婚活中の友人から仕入れた話ですが、明るくて印象がよく、コミュニケーションもとりやすいから期待して会ったら勧誘だったパターンです。

マッチングアプリはネットワークビジネスの温床です。

非常にやっかいなのは実際に会うまで勧誘かどうかが分からない点で、プロフィールに職業欄などない簡易なものだと見分けは困難を極めるそうです。

婚活などでも使える職業や年収までしっかりはいるタイプだと比較的見分け安く「アドバイザー」「コンサルタント」「夢」「向上心」など聞こえのいいキーワードが入っているとレッドフラッグだそうです。

番外・NO!動物実験編

久しぶりに連絡が来たら勧誘だったパターンに含まれるのですが、高校の同級生から500年ぶりくらいに連絡がきてお茶をした時の話です。

最近どう?仕事がんばってる?といった世間話から、あるネットワークビジネスの宣伝が始まりました。

無添加だとか環境に優しいだとか説明がいろいろあった中で、この会社は動物実験をしていないといったアピールポイントもありました。

化粧品開発には様々な動物が犠牲になっていて、その実態は大変ひどいものだと熱弁していた彼女。

うさぎちゃんの目に化粧品を垂らして、問題ないかみてるの!うさぎちゃんが可哀想!!とそれは熱く語っていました。

私も動物が大好きなのでそういった事実を知るのはとても心苦しいし、その意見も理解できます。

しかしその後のちょっとした会話で、「〇〇ちゃん、そのストール可愛いね」と言うと

「そう?ありがとう!これアンゴラやねーん🥰」と衝撃の返し。

アンゴラ・・・!


ふわふわで気持ちいいの分かるけど!全てのアンゴラ採毛が虐待なわけじゃないけど!

その後彼女への対応はそっと友達モードから他人モードへ切り替えました。

勧誘してくるのはこんな人

様々な勧誘を受けてきた経験と失敗から、ようやく勧誘アンテナが働くようになりました。

勧誘を仕掛けてくるのはこういった人達です。

  • グループでは仲が良かったけど二人では遊んだことがない友人
  • 昔は仲が良かったけれど忘れてたくらい連絡を取り合っていない友人
  • 新しい職場でとても面倒見のいい人
  • 職場で仕事上あまり関わりがないのに親交を深めようとしてくる人
  • マッチングアプリで出会った実態の知れない人

こういった人たちからご飯やお茶に誘われた時や自宅に招かれた際には、頭の片隅に何かの勧誘かもしれない、といった予防線を張っておくといいです。

必要のない勧誘にはいつでもスマートな断りができるよう、こちらの記事もぜひごらんください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました